jun2 blog

コーチ兼キャリアカウンセラーjun2の日常とカープについて書きます。

決戦前

危うく忘れるところだったが、明朝はサッカー、「この帽子ドイツんだ?」「ブラジルのだ」でおなじみの。

良い試合になるぞ、きっと。Check It Out!

七夕

段々更新時刻がうしろにずれていく。毎日更新以外に何もないこのブログ、そろそろやめてしまっても、とも思うのだが、何かしら変わることがあるかも知れぬという仄かな期待だけを頼りに書いている。

今日も明日もサッカーは試合無し。野球もイマイチ盛り上がりに欠けるわあ、的な感じなのだ。

と、色々ネタ探ししてるうちに、書きかけなのを忘れて寝るところだった。


ところで、織姫は彦星と会えたんだろうか。

日曜日

コスタリカ、惜しかったなあ。でも、まあ、ワールドカップの準決勝くらいになると、やっぱり伝統国で固まるわな。
オランダvsアルゼンチンと言えば、1998年の決勝トーナメント1回戦。同点で迎えた試合終了間近の時間帯、自らへのファールにイライラしていたオルテガが、オランダGKファンデルサールの挑発に乗ってファンデルサールへ頭突きをかまして退場、その後ベルカンプのゴールでオランダがベスト8進出を決めた試合。

今回はどういう試合になるかなあ。

いよいよ残り試合も、三決まで含めても4試合。ハズレ試合が極端に少ない今大会、最後まで面白いと良いなあ。

土曜日

フランスは28年ぶりのリベンジならず、ブラジルはネイマールの骨折により一気に窮地に追い込まれた。
ドイツにとっては日韓大会ファイナルのリベンジのチャンスではある。というか、ドイツのワールドカップでの勝負強さは一体何なんだ?ゲルマン魂だけで片付かないよなあ。1大会連続ベスト8以上、4大会連続ベスト4以上なんて、簡単には塗り替えられることのない偉業だもの。

こうなると、優勝ドイツかな。
ますます混沌としてきたな。

独立記念日

今日はアメリカ独立記念日。現地はおそらく、まだ夜中でしょうが。同時に、オイラの誕生日でもある。我ながら覚えやすい日に生まれたもんだと思う。と言っても、産んだのは母親だから、別にオイラの手柄じゃないんだけど。

まあ、年に一度くらい、生まれてきたことに感謝する日があってもいいよね。
体調が悪くてそれどころでないという話もあるが。
つくづく病気なんてするもんじゃないなあ、と思う。
良いことないもの。

まあ、今日は誕生日。なんか物思いにふけってみるかな。

木曜日

兵庫県議の泣きじゃくり方に、一瞬何が起こったかわからなかった。これマジ?と思いながら見ていたが、これは凄い。
そんな状態でも、マスコミは実際に出張があったのかどうか、そこに集中。何か、あの泣き方だけでも、もう県議辞めてくれ、と我々は思ってしまうが、出張有無を調査するマスコミの冷静さに驚くわ。

こんな人、当選できるんだなあ。それにも驚く。兵庫県の度量の広さに感心する。

まあ、最後どういう結末になるかわからんが、どうなるんだろうねえ。

水曜日

いやあ、メッシは凄かった。でも、それより何よりアメリカの粘りたるや…
体力の限界を超えても、気力であそこまで戦えるんだから、まあ、凄い。感動がどうとか、そういう次元じゃないね。何だろう。母国に対する忠誠心というのか、全てを捧げて戦うってことなのか、この精神性を最後の最後まで燃やし続けることのできる精神性。うまく言葉にならないけど、サッカーって元々はこういうものだったんだろうなあ、と思う。ビジネスが巨大化しすぎて、最近はどうしてもお金が先に来てしまうが、ワールドカップではこういう戦いを見ることができるのが良いね。

翻って…カープ。何なんだ?昨日の負け方は。典型的なジャイアンツ戦での敗戦。いよいよ一強時代に突入か?
結局、戦力どれだけ整っても、二位、三位がせいぜいという監督の度量だったりするのかもしれない。
二位になったら、来年も、という話になるんやろか?それはそれで悲しいな。

今日は踏ん張りどころ、勝たないと。形はどうあれ。

火曜日

フランスもドイツも強い。この2チームベスト8で激突。みたいような、まだ先に取っておきたいような。何せ、おいらが小学生の頃以来の真剣勝負。ゾクゾクする。

いよいよ、ホントに強豪中の強豪同士のプライドをかけた戦いに入ってきて、ここからが世界なんだよ、ホンダくん、という感じ。

そんな中、今日からカープジャイアンツの首位攻防三連戦。同列に扱うのもアレだが、こっちはこっちで重要なのでね。
今日は大瀬良vs菅野。分が悪いなあ。
先に点をやらないことを目指して良い試合を期待。頑張れ、カープ

月曜日

今朝のサッカーは二試合とも壮絶だった。日本が決勝トーナメント行ってたとしても、あんな試合できないな。世界の強豪は、ああいった試合を何度も経験して、負けた悔しさをバネに努力して、勝ち抜けるようになったチームのことを言うのだろう。だから、ギリシャコスタリカも、今回こういう戦いを経験して、勝っても負けても経験値として非常に意義のある試合だったんだろうと思う。
アレを見た後に、「日本のサッカーが…」とか、もう、何かとても小さく感じる。

と言ってるうちに、もう次期監督決まってるんだな、日本は。バッカじゃなかろかルンバ。


日曜日

今朝からW杯再開。面白い試合だった、二試合とも。ブラジルは、プレッシャーに見事に打ち勝ったね。これはこのままの勢いで行くかもしれない、と少し思ってきた。ただ、やはりイチオシはフランス。南米推しにはならない。

野球は、阪神が遂に勝率五割を切り、何と無く二強四弱っぽく見えるようになってきた。カープがコケると、いよいよジャイアンツ独走の気配。やっぱり強いね、ジャイアンツは。

今日も頑張れ、カープ